子供の飛行機・電車料金っていくら?

電車で成田空港・赤ちゃん連れ

航空券の子供料金は?赤ちゃんのパスポートはどうすればいいの?機内で子どもがおとなしくしてくれるかな?旅先で病気になったらどうしたらいいの?旅行先や機内ではどんなものを用意しておけば困らない?など子連れ旅行は不安がいっぱいです。そういう悩みが少しでも解決できるように子ども料金について一つ一つ確認しましょう。

航空券の幼児料金・小児料金(国内線・国際線)

幼児料金:国内線では無料!国際線では普通料金の10%(*LCCは除く)

国内線と国際線で幼児・小児料金を分ける年齢が違います。料金も異なります。

国内線

生後8日~2歳(3歳の誕生日の前日まで)は幼児の区分。

  • 大人の膝の上であれば無料( 隣の席が運よく空いていればラッキー!)
  • 座席を一つ確保すると小児と同じ扱い=普通運賃の50%

国際線

生後8日~1歳(2歳の誕生日の前日まで)は幼児区分

  • 大人の膝の上であれば普通料金の10%( 隣の席が運よく空いていればラッキー!)
  • 座席を一つ確保すると小児と同じ扱い=普通運賃の75%

※ 大人が同伴できる無料の幼児は一人まで。 親が2人いれば、幼児は2人が無料になります。 大人1人につき、幼児は2人まで同伴できますが、膝の上に座れるのは1人だけですので、もう1人は小児運賃などを支払って座席の確保が必要です。

小児料金: 国内線は普通料金の50% ・国際線は普通料金の75% (*LCCは除く )

国内線3歳(3歳の誕生日当日)~11歳(12歳誕生日前日)

国際線2歳 (2歳の誕生日当日)~11歳(11歳誕生日前日)

※  航空券の予約の際、割安の航空券「先割」「旅割」「旅得」 などを使って少しでも旅費を安くするかと思います。ここでいう「普通料金」とは、これら割引された航空券ではありません。正規料金の50%・75%なので大人より高くなる/あまり変わらないことがあります。インターネットで大人と子供を一緒に予約する場合、小児の運賃は、大人が指定した割引運賃と小児運賃とを比較し、安価な運賃を自動的に適用する仕組みになっています。予約購入する際は確認してみてください。

LCC(格安航空会社)はどうなるの?

国内線

生後8日~1歳(2歳の誕生日前日まで)座席確保しなければ無料

2歳以上は大人と同様の運賃が発生

※ バニラエア、春秋航空日本は、有料(1500円)など各社料金が異なるので注意

国際線

生後8日~1歳(2歳の誕生日前日まで)座席確保しなければ無料

2歳以上は大人と同様の運賃が発生

*LCCには小児の区分がないため、2歳以上の子どもは座席1つ確保すれば大人と同様の料金が発生する(2歳未満の幼児であれ、席一つ確保すれば大人と同じ航空券代が必要)

鉄道、新幹線の幼児・小児運賃

おとな12歳以上(12歳でも小学生は「こども」です)
こども6歳~12歳未満(6歳でも小学校入学前は「幼児」です)
幼児1歳~6歳未満
乳児1歳未満
  • 「幼児・乳児」:無料( 幼児を大人のひざの上にのせるなどし、座席を使わない場合 。 グリーン席(自由席グリーン車を除く)の場合も同様 )
  • 「こども」:乗車券、特急券、急行券、指定席券は「おとな」の半額。グリーン券、グランクラス、寝台券、乗車整理券、ライナー券は「おとな」と同額

※ただし、次の場合は「こども」の運賃・料金が必要です。

(1)「おとな」または「こども」1人に同伴される「幼児」の人数が2人を超える場合(3人目から「こども」の運賃・料金が必要)。

(2)「幼児」「乳児」が1人で指定席、グリーン席(自由席グリーン車を除く)、寝台等を利用する場合。

(3)「幼児」が単独で旅行する場合 幼児を連れて新幹線や特急の自由席に乗る場合、先述した人数制限を超えなければ、幼児に座席を利用させてもそのぶんの運賃、料金は不要です。

                                        JR東日本HPより

↑少しわかりにくいような書き方…簡単に言うと、幼児にも指定席1席を確保し座席を使わせるときは、幼児のきっぷも購入しなければなりません(子供料金追加)。 自由席の場合は少し違います。 新幹線の自由席を利用する場合は、「幼児」「乳児」は原則無料 ですので、ルール上小学校に上がるまでの未就学児は座席を確保し一人分利用しても問題はありません。ただ、自由席が混雑している場合などはルール上は問題ないものの、無料の乳幼児を膝に座らせるなど、できるだけ配慮しましょう。

子連れフライトは大変。。

子どもとの旅行はやっぱりすごく大変です。正直ヘトヘトになります。埼玉在住の私たちは羽田空港へも成田空港へも移動は電車です。スーツケースとベビーカーを押し、子どもに「抱っこ」といわれればベビーカーが余計な荷物となり…エレベーターを探し、トイレを探し、子供をなだめ…両手いっぱいで子連れの移動には想像以上に時間がかかり体力を使いストレスフルです。 フライト前に空港でのんびりお茶したり、フライト中に新作映画を何本も見たり、おつまみ片手にちょっとビールなんていう優雅な旅が懐かしいです。 子どもができるまでは、自由や融通が利いていたことも子どもとではそうはいきません 。

長女を妊娠~2歳になるまでの約3年間、実家のある福岡-東京間を9往復、夫の実家のオレゴンー成田間を4往復、旅行で台湾・ハワイと飛行機に何度も乗りました。

アメリカへは妊娠5か月目と長女が生後5か月の時 、生後6か月の長女と二人でアメリカから帰国するワンオペフライトもありました。 ハワイの家族旅行では、2歳目前の長女と妊娠8か月目(次女)でした。 新幹線で福岡、京都、東北旅行にも行きました。

私が今までに経験した失敗や学びをシェアすることで少しでも多くの人の旅が少しでも楽に楽しくなるように!!

おわりに

JRや鉄道会社の運賃形態は、未就学は無料、小学生は半額など線引きや料金がはっきりしています。一方航空券の場合、国際線と国内線、路線やLCCなどの航空会社によってルールが異なります。また、航空券の料金は購入するタイミング(同日でも購入する時間帯で値段が変動する)や旅行の時期、フライト発着時間、予約サイトなど価格変動も大きく複雑です。

一般航空会社に比べLCCはチケットが低価格である分、航空券購入時の手数料や預け荷物で別料金がかる、機内持ち込みの手荷物の個数や重さのの制限が厳しい、チェックインカウンターまでが遠い、ターミナルと鉄道まで遠いなどなど… 子連れで荷物が多い場合は、デメリットになることが多いように感じます。

航空券を購入する際に様々なことを比較しながら決定していく必要があります。値段だけでなく「疲れない、バタバタしない」という視点は、「子連れ旅行を楽に楽しく」にとってとても重要なポイントだと多くの失敗を経て改めて思います。とは言え、 現実問題 やはり限られた予算しかないので、割安航空券で子どもの分も購入したり、LCCでの移動を検討したり、新幹線の利用を考えたり、いろいろ比較しながら購入する必要があるようです。

何度飛行機や新幹線で旅に行っても、「あ~もっとこうすればよかった」とうまくいかないことにイライラしたり、パパとけんかしてしまったり…。 子どもの年齢や旅程は毎回異なり、その状況に応じて対応しなければいけません。 パパママがしっかり協力し、シュミレーションをする、時間に余裕をもって行動することの重要性を毎回感じます。 子どもとの旅をパパママのチームワークで少しでも楽で楽しい旅を!

コメント

タイトルとURLをコピーしました